神戸市・特別養護老人ホーム・短期入所生活介護・デイサービスセンター・居宅介護支援事業所・地域包括支援センター

>
>
神戸赤松台 特別養護老人ホーム

やすらぎの里神戸赤松台 特別養護老人ホーム

やすらぎの里神戸赤松台 特別養護老人ホームのご案内

 

  入居者の権利・人格を尊重します。

 

 人はみな、人生の最期まで、人として尊厳されその人らしく暮らすことを望みます。

 

 いろいろな人が「共存」し、新たな生活をスタートさせる「我が家」を創り、''尊厳'' ''その人らしく''、形の無いものを有るものに、''介護は人なり''・・・止むことの無い追求で''人''を支援します。

 

 

 

         

共同生活スペース

他の入居者や介護スタッフと交流することが出来る、広々としたフロア

 

居室

車椅子の方でもゆったりおくつろぎ頂けるプライベート空間

 

屋上庭園

雄大な山並みを見渡すことが出来る開放感あふれる屋上庭園です。

 

やすらぎの里神戸赤松台 ユニットケアの目標

  ユニットの理念は、一人ひとりの生活習慣や好み等個別性を尊重し、「暮らし」を主軸に、新しい「我が家」を創ることにあります。これは国の定める「特別養護老人ホームの設備及び運営に関する基準」の(基本方針)にも明記されています。その実現のためには、個性や生活のリズムを保つための個室と、他の利用者との人間関係を築くためのリビングというハード面の環境を整備しました。ユニットという小グループ毎に配置された職員により、利用者一人ひとりの個性や生活のリズムに沿ったサービスを提供(ソフト)提供しなければなりません。

 「ごく普通の生活」、これが原点です。ホスピタリティー精神で高品質サービスを提供するため、ユニットケアは、チーム力が発揮できる体制・システムを構築し「生活を守るProtect」実践をすることが重要になります。

 事業活動目標に沿った「ユニットケア運営計画」をもとに、ユニットであることの本来の目的を達成することを目指します。

 

生活・お食事について

 ◆取り組み 提供する食事のあり方

 「日常生活の中他の食事であることを根幹に、食事に適した環境のもと、心が動く食事を提供する」を目標に当施設のお食事は「一家団欒」をコンセプトにご利用者様に楽しく食事をして頂けるように見た目や味、食事環境にも工夫をしています。

 

 ◆食事内容について

 毎月季節を感じてもらえるよう、旬の食材を使用した季節膳を提供しています。

 また旬の食材を使用した、食事レクリエーション等も実施しています。